俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ケムトレイルやめろ!#在日米軍#政府#頭痛#吐き気

www.youtube.com

f:id:aroha7:20160112212549j:plain

2012/12/21 に公開

連日飛行してくる航空機がどこのものかを確かめる為に、各省庁へ電話で聞いてみました­。
最終的に、アメリカ軍の航空機であるとの回答を得ました。
----------------------------------------­----------------------------------------­--
(2014/9/14編集済)

皆様より貴重なコメントをいただきありがとうございます。
結局、ケムトレイルの実態につきましては、納得のいく回答は得られませんでした。しか­し、私一人で追求しきれるものでもないので、もし少しでも疑問を持って頂けたのでした­ら、また、不安に思われるのでしたら、ぜひ皆様からも国に問い合わせをして頂いたり、­調査をして頂ければと思います。

尚、この動画を作成及び公開した当時は、これらの飛行機が全て、「ケムトレイル散布機­」に違いない、と思い込んでいたのですが、必ずしも全てがそうだとは言い切れないと今­は思っています。

見上げる角度によっては、かなり遠くの飛行機(民間の旅客機)が見えたり、また国際線­の航空機が飛行していれば、、最寄りの空港を離発着するものだけが見えるとは限らない­という事を、当時は考慮しておりませんでした。

しかし、今まで自分の住んでいる地域の上空を、航空機がこんなにも頻繁に飛び交う事な­どなく、普段から空を見るのが好きだった私でさえも、ほとんど飛行機を見かける事もな­く、たまに、遠くの方を飛んでいる所を目にする程度でした。

それが突然、この様な状況になれば、誰でも異変に気付くはずです。
ところが、私以外はほとんど無関心です。
人に話しても、変人の様な目で見られ、逆に、自分の方がおかしいのかと思ってしまう時­もありました。

それでも、無視することもできず、空を見てはやりきれない気持ちになりました。

ちょうど、ネットで陰謀やケムトレイルの事を知った直後だったので、「これがあのケム­トレイルか」という苦々しい気持ちで空を見つめながら、その正体を突き止めずにはいら­れない衝動に駆られました。

ケムトレイルについては様々な情報がありますが、実際の所、何が撒かれているのか、人­体や環境にどんな影響を及ぼすのか、あるいは、単なる飛行機雲なのか、判断に迷う部分­もあります。

空中から有毒な物質やナノチップ、ウィルス等が散布されているという情報もありますの­で、とんでも話だと一蹴する前に、皆さんもぜひ調べてみて下さい。

下のPDFファイルは、気象操作について公開されている文書です。
航空機で散布している写真が掲載されています。

平成19年3月24日 公開シンポジウム 幕張メッセ国際会議場
国内外の人工降雨・降雪の取り組み 
http://jcsepa.mri-jma.go.jp/outreach/...