俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

頭痛の原因は「ケムトレイル」だった!

京都市内でも、「在日米軍機」(白い機体)の「ケムトレイル」を見ることができる。

派手に散布している。「クロスまき」など。数えてみたら、「8本」ほどあった。

在日米軍機」が「ケムトレイル」を散布しているのを「リアル」に見ることができる。

ケムトレイル」。飛行機雲状→大気中拡散→地上に降下。

ケムトレイル」散布後、窓を開けていると必ず「頭痛」が出現することが、何回もの「経験」でわかった。

この「頭痛」も、「頭の破裂するような頭痛」だ。東京で福島第一原発爆発後、経験した「頭痛」と酷似している。

ということは、「在日米軍機」は「ウラン」「プルトニウム」などを大気から降下するように、意図的に散布していることになる。

ケムトレイル」見たら、必ず「マスク」した、「窓」を開けない。以上の「行為」をしたら、「頭痛」は起きなかった。

ケムトレイル」大量散布したら、空調がしっかりした巨大「デパート」などに避難するのもいい。

f:id:aroha7:20151215080047j:plain

f:id:aroha7:20151215080106j:plain

ケムトレイル - Google 検索