俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

古本屋のおやじみたら、いいなぁと、思った

一番情報伝達が早いのは、やはり「文章」だと思う。

文章を読むこと。

音楽は「心象風景」がひろがる。

映像は・・・「刺激」。

生々しさは、「映像」>「文章」。

俺は文章の住人でいいや。

本に囲まれて過ごすことが、、、たぶん一番「幸福感」を感じると思う。

それにあきたら、散歩。

古本屋のおやじみたら、いいなぁと、思った。