俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

「浮世離れ」している

最近というか、前から自覚していたが。

「浮世離れ」している。

基本的に欲望がないな。

俺から見れば、みんな欲望の塊だ。

様々な欲望の奴隷になり、汲々としている。

欲望がない人のほうが、幸せになれる気がするんだが、、。

笑顔の人のほうが、少ないな、、、。

太陽見たり、琵琶湖見てぼんやりしてるほうが、気持いいよ。

宝ヶ池公園を、散歩してるほうが。

京都市内の観光客の人混みは避けたい。

まぁ、観光都市だから、仕方ないだけどね。

、、、、、今度は福岡市でも、引越ししたい気分だなぁ、、、、