俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

現実の状況を正確に把握しつつ、一歩、一歩やってゆく

やはり、無理してる感じだ。陽気に振る舞うとは。

当面の基本的な生活は、

・規則正しい生活習慣。

・座位をとる。

・一日一回は外に出る。(散歩をする)

どうしてこんな、おかしな状態になってしまったのかの分析をするより、上述の「基本的な生活」習慣を身に付けることだ。

今までできたことが、できなくなってしまったのは、不安というより恐怖だ。

同じことばかりいっているが「自分で立ち上がらなければならない」。

現実の状況を正確に把握しつつ、一歩、一歩やってゆく。