俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

1日をただ生きるだけでも、ものすごいエネルギーを使うもんだ

今日も座位をとれただけで、散歩できなかった。

(´Д⊂グスン

もう、このままあの世に行ってしまうのか?

身の回りのことが何もできなくなってゆく。

「占い」してもっらたら、今年は好調らしいが、、、。

これで好調なら、先が思いやられる。

「とうちゃん〜」「かぁ〜ちゃん」助けてくれと叫んでいるのだが、鬼籍に入っている。

苦しくなると、両親に助けてくれ〜と、叫ぶのは、、、私だけか。

一日をただ生きるだけでも、ものすごいエネルギーを使うもんだ。

生きてる証にブログを書いている。

生きてるだけで、、、辛いよ、、、、。