俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

Marc Ribot

John Zorn - Orties Cuisantes〜Marc Ribotの慟哭のギターが堪能できる〜

www.youtube.com Bass – Shanir Ezra Blumenkranz Guitar – Marc Ribot Harp – Carol Emanuel Marc Ribotの泣きのギターを堪能できる。慟哭のギターが。