☆ちゃんぷるぅブログ☆

・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・独断と偏見で・・・雑感・・・ニュース・・ジョーク・・・文章・・音楽など・・・気が向いたら何でも・・・とりとめもなく・・

雑感

私の一生懸命は、「7割の力」で生きること〜毎日100%のパワーで生きるのは狂気の沙汰だ〜

現在の心身のリズムは、調子がよいときの50%くらいだ。 70%には、もってゆきたい。 また、生き方全般では、70%くらいの「力」で生きたい。 私の一生懸命は、「7割の力」で生きることを意味する。

中村とうようの伝記!? が少し売れていた・・・・

aroha7.hateblo.jp ↑ ここに記したが、いつもゆく本屋で、この本が減っていた。 物好きというか? 売れるもんである。 私も気になり買ってしまったのだが・・・。 中村とうようを知っている人の、ほうが圧倒的に少ない気がする。 出版社で編集者をしていた時…

迷ったら「心」に忠実に生きる!!〜これが正しい選択だからだ〜

どうも、違うなと気がつき始めたのは、高校生以降だ。 みんな欲望(物欲など)がすごい、、、と。 私が興味の行く方向は、かなり限られている、、、と。 人並みに就職したが、同僚と話が合わない。 会社組織に入ると、否応なしに、他人のことを考えなければ…

アウトサイダー視点で見ると・・・・《今週のはてなブログランキング〔2017年7月第3週〕》は、関心のないことばかりだった!?

blog.hatenablog.com↑ 以上をぱっと眺めた。 全然興味のないことばかりだった。 「俗物」の叫び。 こんなことを書いてはいけない気がするが。 私が浮き世離れした、傍観者だから。自覚している。 「俗物」ということは、大多数ということで「正常」なのだ。 …

他人様の「ブログ」に期待すること!?〜おもしろいかどうか?〜視点のユニークさ〜

他人様の「ブログ」について。 写真が多い。 一つのテーマで、一枚の写真でたくさんだな。あるいは、2,3枚の写真を使い、あとは文章で書くのでいいのではないか。 また、ブログ主の、きらりと光る感覚と、(日常の)起きたことに、どのような視点で書いて…

若作りした老人に出会う・・・・・⁉︎

※写真は山鉾の解体途中。 若作りする老人。 派手なお姉さんが歩いてきたと思ったら、老婆が不似合いな、若い女性の格好をしていた。推定63〜65歳ぐらい。 古本屋に入った。 「お荷物をココに置いて、ご覧ください」 お兄さんが1人でやってるのか。 古本を買…

生きることは、死ぬまで「自分の感覚&リズム」で生きることだと思う〜「自分の感覚&リズム」を否定するような人間には、近づかないし、リズムが狂うモノには近づかない・・・・それでいい・・・〜

こうやって、自分の書きたいことが書けるだけでうれしい。 こう、書くことで、いいリズムになれる。 文章を書くことで、心身のリズムがよくなる。 書かないと、語彙も忘れるな。 毎日、机に向かい書くこと。 これに尽きる。 私は、傍観者的な立場で人生を歩…

今もって、同じ考えだ!?〜過去のブログ( 2015-04-01 )を読んで〜

私は、こんなこと書いていたのだな。 抜粋。 「日記」でもあり「メモ」である。 考えながら、正しい答え探しているのだ。 「日記」というものは、本来そういものだと思っている。 何回も同じ文章を書き、自問自答し答え探しをている。 《感想》 今もって、同…

・・・・消えた出版社・・・・

昔、出版社で編集者をしていた。 私みたいな人間が、情報を送り出す側に就いてよかったのか? 作家の色川武大が、『うらおもて人生録』 (新潮文庫)で、編集者時代の思い出を記している。かなり共感できることが記されていた。 彼が所属していたのは、桃園書…

世間の話題〜T氏とM氏〜

最近、ちまたを騒がしてる、T氏、M氏。 生憎あのようなお二人には、巡り会わなかった。 が、かすった人には会った気がする。 T氏みたいな方は、何でも自分の通りにやりたい、自己中心的な性格なのではないのか? で、思うようにならないと、爆発、興奮する。…

毎日を生きる・・・・

私の知っていることは、音楽、まんが、老荘思想、本、文章、出版、編集など。 興味の方向も、同じ。 全然興味がないのが、車、世間知、俗事・・・。 いつも思っていること? ・俗物には、近づいていかない。 ・他人を介在しないで、自己完結した仕事をしたい…

ブログの更新について・・・・・

iPad で見る文字とiMac(27インチ)ではだいぶ違うことに気づいた。 メインはiMacだ。 ブログの更新は、MacBook Proをメインにしたほうが、よいみたいだ。

残された、選択できるモノは、慎重に選びたい〜学校、職業、住む場所、友人など・・・・〜

よい選択と判断で生きる。 この世に生まれてしまったのは、仕方ない。 日本に生まれてしまったのも、仕方ない。 現在の親のもとに、生まれたのは仕方ない。 が、自分でまだ、判断して選択できるモノが残されている。 学校、職業、住む場所、友人など・・・・…

人間は、「生まれながら不平等に生まれる」〜「タブララサ」の思想が広がり、多くの「迷妄」状態がつくりだされている〜「悲劇」に向かう一つの原因

私は、こうすれば「〜する」、そういったたぐいのモノの「本」を買ったことがない。 「〜する」は、「成功する」「お金持ちになる」か、具体的にいえば。 誰でも「〜する」方法は、存在しない。 誰一人として、同じ人間はいないからだ。 性質、適性、個性、…

学歴信仰は、既に崩壊したのか?〜崩壊もしていない〜未だに存在〜

学歴が社会を壊す。 - るいネット 327832 学歴が社会を壊す。 松本幸二 ( 60代 京都 事務 ) 17/07/05 PM11 学歴信仰は、既に崩壊した。 貧困の時代は、“いい生活”を手に入れる為に学歴を追い求めた。しかし、高度成長が終わり‘70年貧困の消滅以降、状況は…

箴言集の悪い影響・・・

私は、最近箴言集しか読まない。 それが影響してか、長文で素人の文章は、読みたくなってきた。

楽しみは、決して、向こうから来るのではない、自分で創り出すものだ・・・・

限られた時間を生きている。 いつも、楽しく過ごせるか? それだけを考えている。 生きるということは、自分で自分を盛り上げ、楽しむことだ。 楽しみは、決して、向こうから来るのではない、自分で創り出すものだ。

はてなサイト内検索で「詩」を入力!

「素人のブログ」と「版元のサイト」の大きな違い〜どうすれば、読んでくれるかを、考えている〜ブログに付いてる「レイアウト」機能をフルに使うと「読みにくい」!!〜

みなさんのブログを、眺めます。 ものすごく込み入ったレイアウトを組んでいる。 はっきりいって、見にくい。 ブログの機能に付いてるから、使っていると思うが。。 雑誌でも、そんな込み入ったレイアウトはない。 私はシンプルなレイアウトで、読みやすい文…

キチ◎イなる前のブログ主・・・・・・・精神病院の閉鎖病棟入院前・・・・

暑い・・・・ ブログ主の・・・ 昔の写真。。 編集をしていたときの写真・・ まだ、精神病院の閉鎖病棟入院前・・・・である・・当然。。

興に乗って、その日の気分で書いている〜ブログの方針〜

このブログは、ブログ主が尋常でないので、興に乗って(※)、その日の気分で書いている。 今日は、フルートの演奏動画がやたら多い。 おわかりだろうか? ※興に乗る=おもしろさを感じて何かをする。

ブログもメディアだ!〜マスメディアでない〜ピコメディア!?〜

ブログもメディアだ! マスメディアでない。マスメディア≒メガメディアとする。 ブログは・・・マイクロメディア? もっと小さな、ピコメディア!?・・・・・単位の接頭語 以前、このピコメディアとして、過去にブログを有効活用したら「左翼ブログ」のレッテ…

ここには自由がある〜やりたいように、何でも書ける! 楽しい毎日〜主人公であり、神の位置でもあり、編集長でもある・・・

ここには自由がある。 有料ブログだが。 やりたいように、何でも書ける! 楽しい毎日。 自己解放の場である。 主人公であり、神の位置でもあり、編集長でもある・・・。 こんな楽しいことはない・・・・。

憂き世に生まれたが・・・・・これでいける!?・・・・

憂き世に生まれたが・・・・・ 嫌な奴には近づかない・・ 嫌な所には行かない・・ 気がついた・・・・ 私ってクレバー・・・

人生の迷妄は、世の中は、自分のために存在するという錯覚だ

こんなはずじゃ、なかった・・・・。 人生の迷妄は、世の中は、自分のために存在するという錯覚だ。

子供はいつも笑っている〜これから、起きる、悲しみ、苦しみ、辛さが、、、、わからないからだ〜

子供時代は笑顔が多い。 無邪気という。 子供はいつも笑っている。 これから、起きる、悲しみ、苦しみ、辛さが、、、、わからないからだ。

「自然に反する生き方はしない」〜「自分の感覚&リズム」で生きる〜

いつも思っていることは、「自然に反する生き方はしない」ということ。 「自分の感覚&リズム」のままで生きる。どんなときでも。 このような生き方ができる人は、仕合わせかもしれない。

フリー写真の有効活用!?〜一枚の写真に言葉を並べる〜詩的活用〜

Light My Fire 〜Doors〜ジム・モリソンの幻影・伝説は永遠に語られる〜

www.youtube.com ドアーズのジム・モリソンが大好きな知り合いの編集者がいたな。 この曲を聴くと、いつも、彼の映像がよみがえってくる。 彼が今何をしているのか、生きているのかさえ、知らない。

霊媒師のように降りてくるインスピレーション〜風が吹く〜そんな感覚〜心象風景を言葉にする〜文章作法

毎日文章を書くこと。 これに尽きる。 散歩すれば、書くことの心象風景がひろがる。 哲学者、文学者は「逍遙」「散歩」を推奨する。 散歩し、心からわきあがってくるイメージを、言葉にする。 人や猫、犬とか、小動物、木々の匂いなどの植物からも、インスピ…

・・・「治安維持法」下の日本に、「未来」=「現在」が隠されていたとは、誰も思わなかった・・・・・・共謀罪法が施行され!?・・

過去の中に「未来」がある・・・・ この言葉が、頭に木魂した、あるいは共鳴、感応。。。。 誰かが書いた文章かもしれない。 共謀罪法が施行された。 歴史をひもとけば、「治安維持法」下の日本を想起させると巷間いわれる。 私もそう思う。 ・・・・「治安…

捜査当局が勝手に逮捕できる!?〜構成要件不明〜計画段階で処罰〜共謀罪法施行!!≒ネオ治安維持法!?・・・・

「共謀罪」法が施行=政府、TOC条約締結へ (時事通信) - Yahoo!ニュース 7/11(火) 0:06配信 「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」の新設を柱とする改正組織犯罪処罰法が11日、施行された。 これを受け、政府は各国と組織犯罪に関する捜査情報の共…

みんなも詩人になろう〜♪・・・・・

みんなも詩人になろう〜♪ フリー写真を用意! 適当な言葉を並べる! ・・・・・これで・・・・詩人気分・・・・・・・ ・・・・・なんちゃって・・・・銀色夏生、、、のできあがり。。。

金色夏生の誕生・・・・

昔、版元に勤め編集をやっていたときに、銀色夏生を見た。 これは、私にもできる! で、写真に、適当な言葉を並べ、雑誌に載せた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金色夏生の誕生だった。 あるときは、橙色夏生、橙色秋生などになったのだ、、、。…

昔のアニメの歌詞は、「分かち書き」で書かれていた〜真摯に制作していたんだな〜

昔のアニメを見ていたら、音楽の歌詞は、ちゃんと、「分かち書き」で書かれていた。 今になって気づいたことだ。 わかりやすく伝わるような配慮だと思う。 子供向けのアニメだが、ちゃんと創っていたことがわかった。 ※分かち書き - Google 検索 ※「やさしい…

シンプルなレイアウトでいい〜一枚の写真と文章だけ〜雑誌のレイアウト以上に複雑で凝っている「ブログ」〜

最近のブログは、雑誌のレイアウト以上に複雑だ。凝っている。 もっとシンプルでいいと思う。 文章と一枚の写真。 私のために、他のブログが存在してるのではない。 それは、わかっている。

追憶・・・・・

追憶・・・・・ 暑い夏 草の匂い 川遊び 夏休み

・・・今日から・・・美的生活・・・・はじまります・・・

毎日、きれいなものが見たい。 美しいもの。 心がときめくものが。。。 心が和むもの。。。 ・・・今日から・・・美的生活・・・・はじまります・・・

歩いて、心の中から、様々な心象風景が浮かんでくる・・・・・・・・・・・そんな、場所を探しています・・・・・・・

歩いて、心の中から、様々な心象風景が浮かんでくる、、、、。 そこは、よい場所だな。 ・・・・・そんな、場所を探しています・・・・・・・

「詩的才能」が現れた!?〜見出しや、中見出し、タイトルつけの仕事〜

詩的才能ありと、占い師から言われた。 が、詩人でない。 編集で、見出しや、中見出し、タイトルつけるのが、メインの仕事をやっていたので、 それが「詩的才能」だったのか・・・・。 過去を振り返る。

本を集めるのが好きな「収集家」は「本を読んでる」≒「読書家」とはいえないな・・・・・・

本の収集家だと、最近気がついた。 手に入る。書棚に飾る、満足・・・・。 「おぅ。。。これは読みたい! 買いたい!!」 「買った・・・・(満足)」 ・・・・・・読んでないではないか?・・・・・・

ショーペンハウアー『随感録』を買った!〜「女について」が読みたいから〜

ショーペンハウアー。 彼は、私にとって、箴言家であり、随筆家でもあり、真理を語った人だ。 この本は以前持っていたが、どこかに行ってしまい・・・・。 久しぶりの出会いになる。

中村とうようについて書かれた分厚い単行本が気になる〜今日も本屋に行き、立ち読みにゆく〜

本屋に、中村とうようについて書かれた分厚い単行本が平積みされている。 「ミュージックマガジン」の「とうようずと〜く」とかで、かなり政治的な発言をしていた。 音楽雑誌なのに、不釣り合いな印象的だった。 分厚く4000円近く? するので、買うのかどう…

「たいことをたいせよ」・・これの実践〜文章を書く理由〜書きたいから書いている!!〜

私は何のためにブログを書いているか? ・自分のために書いている。 ・思ったこと、感じたこと、考えたことを、書きたい。 ・パソコン操作を忘れないために・・・w ・脳梗塞後のリハビリのために。 ◎・・・・ようは書きたいから、書いている。 里見トンの「…

週刊新潮の記事は「10年以上編集」やっている人しか、書かせないらしい!?〜文章修行を10年やって、書くのか?〜

『週刊新潮』とは何なのか?【前編】 - 創刊60年で育まれた3つの伝統「三題話」「書かない"スクープ"」「下積み10年」 (2) 『週刊文春』と比較される本音 | マイナビニュース この記事を読んでなるほど、と思った。 『週刊新潮』の記事は、編集者が書いている…

新刊本屋〜古本屋〜散歩〜ブログ更新〜これが一日にやること!?〜

ショーペンハウアー、「女について」を読みたくて、『随感録』を買う。 中村とうようの、自伝みたいな分厚い単行本が平積みされていた。この人は、京都の人間だったのか。読みたいが、買うのをやめる。 『人生読本 文章』を買う。これは私がかつて読んだ本で…

【魂】が入っている「文章」が書ければ合格〜読んで記憶に残る「文章」!?〜

文章も、音楽も、「表現」の一つの形態だ。 どのような「表現」が、すばらしいか、いつも考えている。 で、長年沈思黙考し、私なりに結論が出ている。 【魂】が入っていること! これに集約される。 【魂】が入っている「文章」が書ければ、それで合格。 ど…

ブログ名を【痴呆人の独白】とか、「痴呆人日記」しようかと、あぐねている!?・・・・・

同じような趣旨の言葉ばかり述べている。 文章に関して。 痴呆老人みたいだな。 アルツハイマーなのかな? 作家も随筆で、同じようなことばかり書いているんだから、愚鈍な私は許されるな。 同一人格の者が、同様な文章を書くこと自体は、自然だとみることも…

【短いわかりやすい文章】が最高の文章!?〜墓碑銘的といってもいい〜

私は、どうやったら、「むづかしいことを、【短いわかりやすい文章】」で表現できるかという、難問をやっているw これは、天才だけに許された「表現」だからだ・・・・。 「短いわかりやすい文章」≒「詩的な文章」と、いいかえてもいいだろう。 昔、編集の…

「。。。女は糞小便が詰まった肉体に色を塗っただけ・・・」〜釈迦の言葉!?〜

残念ながら、本を持っていない。 ひろさちやが、増原良彦の本名で書いた本だ。祥伝社から出されていたと思う。 仏教の本。 釈迦が、「。。。女は糞小便が詰まった肉体に色を塗っただけ・・・」。 そう語ったという話が、逸話の中にあった。 余りにも核心的で…