俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

里見弴

荷風と里見弴が思った作家の条件・・・・・

『日本幻想文学事典』。ここには幻想文学を書いた作家の名前がずらりと並び、簡単な紹介が記してある。 みんな優秀な大学を出られて、家も裕福で、親が医師だったり、学者だったり。幻想文学の礎を築いた作家達は、頭脳優秀かつお金持ちの人達だった。 当然…