俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

追憶

「隠し」という言葉

「隠しに、いつまでも(手を)入れているな!」 子供の頃、父によく言われた。 隠しとは、ポケットのことだ。 小学生の通信簿に「動作が遅いです」とかも、先生から書かれた記憶がある。 いつもヘラヘラ笑っていた。 「しまりがない」 これも父、母からも言…

困った一言・・・・思い出すたびに冷や汗もんだ

子供時代。小学生の時に、なぜか、同級生に短期間いじめられた。 原因は私が馬鹿で成績が極度に悪かったからだ。 3人に取り囲まれ、いじめられた。 だが反撃をしたので、すぐいじめは終わった。 私は興奮して、こんなことを口走った。 「おまえらより、おれ…

校正とリストカット

校正の派遣社員をしていたときに見たカップル。 私は派遣会社に登録して校正の仕事をしていた。 某印刷会社で官報の校正の仕事だった。 隣に、そのカップルがいた。 カワイイ彼女といっしょに、校正の仕事か。なかなかやるな、この男。 美人だと思った。 が…

天使の情景を聴いてたら、あの時代がよみがえってくる〜音楽の力は偉大なり〜

aroha7.hateblo.jp 「傷だらけの天使」でよくかかっていた曲だ。 これ聴いたら、懐かしくセンチメンタルな気持ちになった。 'せつない'感情に、心が揺さぶられた。 あの時代や出来事が、おぼろげながら、よみがえってくる。 何回も再放送でやっていたな。 テ…

今もって、同じ考えだ!?〜過去のブログ( 2015-04-01 )を読んで〜

私は、こんなこと書いていたのだな。 抜粋。 「日記」でもあり「メモ」である。 考えながら、正しい答え探しているのだ。 「日記」というものは、本来そういものだと思っている。 何回も同じ文章を書き、自問自答し答え探しをている。 《感想》 今もって、同…

・・・・消えた出版社・・・・

昔、出版社で編集者をしていた。 私みたいな人間が、情報を送り出す側に就いてよかったのか? 作家の色川武大が、『うらおもて人生録』 (新潮文庫)で、編集者時代の思い出を記している。かなり共感できることが記されていた。 彼が所属していたのは、桃園書…

『洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑 Vol.3 1978-1985 』〜懐かしく過ぎ去った時が想い出される〜

『洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑 Vol.3 1978-1985 』 これを見ていると、ほとんどリアルに聴いていたので、アルバムジャケット見ていると、いろいろなことが思い出される。 過去を思い出すために、これを買った。追憶するために。

私がかつて書いていた「ブログ」が「左翼認定」されていた!〜そんな「アホ」な・・・w・・・・〜

www35.atwiki.jp 褌かつぎ日記 ~彷徨う魂~(2011/3~2014/10) というのが、そうです。 web.archive.org 国民が知らない反日の実態 - 左翼ブログリストを見ますと。 (ガチ左翼系)になっていました・・・・(~_~;) そんな、、、、アホな・・・・です! page vi…

「。。。女は糞小便が詰まった肉体に色を塗っただけ・・・」〜釈迦の言葉!?〜

残念ながら、本を持っていない。 ひろさちやが、増原良彦の本名で書いた本だ。祥伝社から出されていたと思う。 仏教の本。 釈迦が、「。。。女は糞小便が詰まった肉体に色を塗っただけ・・・」。 そう語ったという話が、逸話の中にあった。 余りにも核心的で…

昔のことを急に思い出す〜脳内映像で、「あの本」を見た記憶があるのに・・・・・・!?

昔のことを急に思い出す。 あの本が見たくなった。 だが、ない。 アマゾンで買おう! 一円本でいい。 が、書名さえ忘れている。。。。 なんとも、じれったい。 脳内映像で、「あの本」を見た記憶があるのに、書名、著者名さえ出てこない。 ・・・・・・・・…