☆ちゃんぷるぅブログ☆

【戦争反対!!】・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・独断と偏見で・・・雑感・・・ニュース・・ジョーク・・・文章・・音楽など・・・気が向いたら何でも・・・とりとめもなく・・・文章を書いたり、動画を貼ったり・・・沈思黙考・・・暴走・・・妄想・・・幻想・・思ったこと感じたことを書いてるだけ・・・無知蒙昧・・誤謬だらけのブログ・・・★このブログは興味の方向に無節操に動くブログなので特定の政治、思想、宗教とは無関係〜ブログ主の気分により関心のベクトルの方向が180度変わったりします★【戦争反対!!】

毎日、心の底から楽しくなることをやろう。

毎日、心の底から楽しくなることをやろう。 死は突然来る。 まわりを見回してみよう。 これは事実だ。 今生きているのは、大変、偶然が重なって起きている。 つまらない人生だったと、後悔しないように。

自分に合った生き方をすべきだ

何のために生きているか、わからない。 が、楽しく生きた方がいい。 生きてきてわかったこと。 自分に合った生き方をすべきだ。 これだけだ。

運というものなのか

人間は死ぬ。 が、いつ死ぬかわからない。 そして、身辺に突然様々なことが起こる。 よいことも、悪いことも。 問題は悪いことだ。 最悪の場合は死んでしまう。 因果律があてはまらない。 運というものなのか わからない。

「男は女に比べて、すぐ心身のリズムが狂いやすい」

山田風太郎の随筆はよく読む。 印象的な文章は記憶に残る。 「男は女に比べて、すぐ心身のリズムが狂いやすい」。 なるほどと思った。

死は突然やってくる

人生は短い やりたいことをやろう いつ 死ぬかわからない これだけは確かだ 生まれてくるのも 死ぬのも コントロール不能 せめて やりたいことリストを箇条書きにし それに優先順位をつけ やりたいことをやることにしよう 人生プランを立てるのはナンセンス …

仕合わせ

他人の生き方や生活に 憧れてるうちは 仕合わせにならない すべての答えは 自分自身にある

賢明な生き方

賢明な生き方 自分のできる行為だけをやり 自分の接することのできるモノだけに接する。

生きることとは

他人の生き方や、やり方をまねをすると 必ず失敗する 本人が独自に生きること それは成功する すべての答えは 自分自身にある 今もって その考えは 変わらない

今日も終わってゆく・・・・

一日が終わる ずっと笑っていた 本当にこんなんでいいのか 今日も 終わってゆく ・・・・・・・

生きてる間は限られている

生きてる間は限られている やりたいことをやる 心の底から、やりたいこをやる やりたいことを箇条書きにして ひとつひとつ、つぶしてゆく 老後の人生設計? 老後があるか、どうか疑問だ 人生設計はナンセンス 命は突然消える 自分の意思とは無関係 生まれて…

私のできること

私のできる行為をやって、 できないことは一切しない。 私の接するモノは、限られているので、 私の接することのできるモノだけ、 接する。

浮かんでくる・・・

歩いていて詩心が 浮かんでくるような そんな土地に住みたい 体を動かせば ひらめきが 生じる そんな 土地はよいところだ

私の一日

何をしなくても辛い ただ生きてるだけで疲れる 人間関係でなく 日々の生活だけで疲れる

三毛猫の親子

近くに三毛猫の親子がいる 三匹の子猫 親は三毛猫 子猫は三毛猫一匹 二匹は灰色の子猫 野良猫らしい でも きっと 誰かが 餌を与えてるはずだ 猛暑の夏の日 親猫が伸びきって 眠っていた 三毛猫の子猫はおきている 覗き込んだら 子猫は逃げて 三毛猫の親は伸…

うすぼんやり夕闇につつまれる・・・・・・

中学生の頃、近くの川に行った 日が暮れて 逢魔が時になる うすぼんやり夕闇が迫って 混沌としてくるのが好きだった 幻想的だ 誰もいないが 怖くなかった また、あの時の感覚を 味わいたい 逢魔が時の 夕闇がせまり 暗くなってゆく時の 幻想的な感じを

・・・この世の・・・仕合わせ・・・

この世に、幸福は・・・実は・・・ない・・・・・ なぜならな、憂き世が、この世の正体だ・・・・ 地獄の中に、仕合わせを見つけるのは、 針の穴に、鉄の鎖を通すようだ・・・ 嫉み、妬みが渦巻く・・・現世・・・・ これが地獄の証拠だ・・・ この世の中で…

こんな風に詩を書きたい!!〜天才詩人・北原白秋にみる言葉の使い方によるニュアンス〜

aroha7.hateblo.jp aroha7.hateblo.jp 【感想】 北原白秋訳のマザー・グース。 わかりやすい。超訳っぽいが。 こんな風に詩を書きたい。 北原白秋が、天才詩人と巷間いわれているのも、うなずける。 強い印象に残る文章は、名文といって間違いない。 北原白…

心身のリズムを正常に戻す方法

いまだ、心身のリズムが狂っている。 太陽の光をたくさん浴び、リラックスすることだ。 そして、緑の中で散歩する。 土の上を、意識的に歩く。

生きることは、競争でない。

生きることは、競争でない。 いかに自分らしく生きることだ。 集団に中にいると、競争して、走り続けることが、人生だと錯覚する。 賢者は気がつき、凡人は馬車馬のように、力尽きるまで走る。 どんな生き方がよいか、気づくことが大切だ。 が、気づかない人…

君が、どんな目つきをしているか?

君が、どんな目つきをしているか? 教えてあげよう。 気のおけない友人の、目つきを見よう。 それが、君の目の表情。 優しい表情だったか、けわしかったか・・・・

老婆は例外なく、醜い

男が老いても醜くない。 老婆は例外なく、醜い。 なぜだろう? 偽善的に生きるのが、女のほうが多いからだ。 化けの皮が剥がれる。 素顔より、よく見せたい。

本に埋もれる生活がしたい。

本に埋もれる生活がしたい。 古本屋に行くと、心が落ち着く。 誰もいない図書館を散歩したい。 心のおもむくままに、本を手に取り、一日が終わる。 本にあきたら、コーヒーでも飲みながら音楽を聴く。

できるなら・・・・

できるなら、嫌な奴に会いたくない できるなら、哀しい事実は知りたくない できるなら、醜いものは見たくない ・・・・・・・・・・・ 祈りや願望とは正反対のことばかり、起こる

残された、選択できるモノは、慎重に選びたい〜学校、職業、住む場所、友人など・・・・〜

よい選択と判断で生きる。 この世に生まれてしまったのは、仕方ない。 日本に生まれてしまったのも、仕方ない。 現在の親のもとに、生まれたのは仕方ない。 が、自分でまだ、判断して選択できるモノが残されている。 学校、職業、住む場所、友人など・・・・…

はてなサイト内検索で「詩」を入力!

私は詩人・・・・

私は詩人・・・・ 生来の・・・・ 心にわきあがったもの・・・ シンプルな言葉で・・・ 表現してゆく・・・

泣いて生まれてきました〜こんな世の中に生まれちまった〜〜!

こんな世の中に生まれちまった〜〜! 気がついたのね。。。。

乙女の祈り〜美しさと若さは〜

永遠の死 若いときに、、、鬼籍に入る 美しさと若さは 永遠に封印される 死ぬなら 若いとき 乙女の祈り

風鈴の音〜もう 何回 夏を経験したのかと・・・ 追憶にふける。。。

猛暑日でも いやしてくれる 風鈴の音・・・ 今年も 暑い 夏が やって来た 夕刻になり・・ ちりんちりん もう 何回 夏を経験したのかと・・・ 追憶にふける。。。

夏が来た

ぎらぎらする太陽 眩しい 眩暈がする にじむ汗・・・・・ 冷たい麦茶 今年も 夏が来た