俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

私のできること

私のできること

私のできる行為をやって、 できないことは一切しない。 私の接するモノは、限られているので、 私の接することのできるモノだけ、 接する。