俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

あっという間に時間が流れる・・・・

あっという間に時間が流れる。 友達の編集者に随筆でおもしろいのは? 「寺田寅彦だ」 名前は知ってたが読んでなかった。 寺田寅彦の『柿の種』。カバーの折った「そで」の部分に、「なるべく心の忙しくない、ゆっくりした余裕のある時に、〜読んでもらいた…