俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

女の顔

嫌いな女の顔〜まぁ、人それぞれだからな〜こればかりは・・・

嫌いな女の顔。 鼻がデカい女。鼻先が尖った女、目つきの怖い女。 前世の記憶からか、よくわからんが、こういう女からすぐ逃げる。 見たくもない。 また、瓜実顔も嫌いだ。どちらかというとタヌキみたいな顔した女が好きだ。 閑話休題。 京都の女は、気兼ね…