俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

「君は美しいな、ただ、思ったよりバカだとわかった」

「君は美しいな、ただ、思ったよりバカだとわかった」 「失礼ね、なんてこというの、帰るわ」 男はトラウマがあった。小さい頃に女に馬鹿にされ、ルサンチマンがあり、美人に侮蔑的な言葉を言いたいのだ。それで気分がよくなるのだ。 美人な女ほど興奮するの…

なぜこの世に女の思想家が現れないか?

女と会話が合う男は堕落した奴だ。 女ほど、即物的、俗物生物はいない。 男が唯一女より優れていることは、精神性が高いことだ。 なぜこの世に女の思想家が現れないか? 女は即物性にすぐれる俗物だからだ。