俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

四柱推命

直木賞受賞の門井慶喜さんを四柱推命で占ってみました

直木賞受賞の門井慶喜さん(1971年11月2日生まれ)。 この人を四柱推命で占ってみました。 知恵の星、印綬が2個、感性の星、傷官が1個。印綬と傷官があると、作家には適するとか言われている。 また、華蓋という芸術の星もある。 四柱推命によると、作家に適…

四柱推命・特殊星の吉凶

四柱推命は「当たる」が、なんでそうなるのか、わからない?

私は四柱推命に関して、ずっと観察し続けてきた。 かなり「当たる」。これは事実だ。 自分自身の過去と他人の過去〜現在を見続けてきた。 不思議だ。何で当たるのだろうか? が、四柱推命は遊びでいい。 最終的な判断は、自分自身でしよう。

四柱推命はよくあたる!?

四柱推命はよくあたる。 人生上に何が起きるか、起きたか? を検証して、四柱推命は、かなり当たると思っている。 他人のことも、かなり、当たっていると思っている。 占いには、自己暗示もあるので、そういう傾向のある方は、近づかない方がいい。