俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

勧誘

「◯◯のごときが!」「◯◯のくせに!」〜「お前は無理だ!地獄に落ちるぞ!」〜

「◯◯のごときが!」「◯◯のくせに!」※◯◯は私の名前。 ライターをやっていたとき(今もやっているが)、F君は私に罵声を浴びせた。 気のいい優しい私は、彼の相手をしていた。 「来てやっているんだ!(私の所に)」 私はF君に自宅に来てくれと依頼したことは…