俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

出世

「よんどころない事情で・・・・・」で栄転したSさん

私がある書籍系の出版社に勤務していたときの出来事。 Sさんという神経質そうな人がいた。 よく何かあると、 「よんどころない事情で、行けませんね・・・」 これはSさんの口癖なのか。 Sさんが登場すると、 「よんどころない事情で・・・・・」 よんどころ…