俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

先祖

私の先祖は何をやっていたのだろうかと? 

『黒い報告書 エロチカ』(新潮文庫)、『小説家・ライターになれる人、なれない人』(スーザン・ショフネシー)をペラペラながめながら。 ふと、私の先祖は何をやっていたのだろうかと? 浮かんできた・・・・。 父の先祖はよくわからない。 が、先祖は資産…