俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

俗物

俗物礼賛!〜来世は俗物として生まれ変わりたい〜そして力強く生きる〜

私は子供がいない。 結婚もしていない。 私は子供はいらない。 なぜならば、私に似た性格を、精神を持ってこの世に生まれて来たら、たぶん生き辛いと感じるからだ。 自己嫌悪して自殺でもしそうで怖いからだ。 転生があるならこの世に生まれて来たくない。 …

・・・・・「俗物」には近づいていけない・・・・「俗物」の《特徴》を列挙!?〜人相など〜

ぞく‐ぶつ【俗物】世間的な名誉や利益などに心を奪われている、つまらない人物。俗人。「—根性」。 だそうだ。 会話の中で、「〜ここはすごい豪邸だ。。。」「、、、、こうすればお金が貯まる。。。」「1000万以上もらえば(年収)。。。銀座で、、、豪遊し…