俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

作家

芥川とアナトール・フランス

芥川龍之介の本を読んでいると、アナトール・フランスのことがよく出てくる。 どんな人か、全く知らない。 探して、読んでみたい。 アナトール・フランス - Google 検索

頭の中に入ってこない文章は、下手なんだと思う

ブックオフに行った。『人獣怪婚』(ちくま文庫)、『名短編、さらにあり』(ちくま文庫)を買った。 永井龍男の「出口入口」、林芙美子の「骨」を読んだが、頭の中に入りにくかった。 阿刀田高の「透明魚」、これは書いている内容は、はっきりわかった。ま…

作家になる法則・・・《文才+読書量+暇(書く時間)+運≒作家》

小説は読んでいないが、出版社に入り転々とし、名刺を作りライターを名乗り雑文を書いていた。 こんな人は意外に多いかもしれないな。 編集者も、いわば専門職なので、入稿から校了まで覚える修行が必要だ。が、半年で覚えられると思う。そうすれば、もう経…

文章力のある随筆は、作家の声が聞こえてくる

読んで、頭の中にスラスラ入ってこない文章は読まない。 この大原則で本を読んでいる。 文章力のある随筆は、作家の声が聞こえてくる。 不思議だ。会ったことがないのに、書き手の声が聞こえてくるとは。

深沢七郎と折口信夫は同性愛者だった〜『文豪の女遍歴』〜

『文豪の女遍歴』という本を買った。 文豪はお金持ちのボンボンだ。女遊びは想像以上に激しい。 これ読んでいて、深沢七郎と折口信夫は同性愛者と記されていた。 なるほどと思った。※深沢七郎と折口信夫は同性愛関係はない。 この二人の顔を見るたびに、得体…

随筆がおもしろい作家は、はずれがない!?

誰が書いた文章か忘れたが、随筆がおもしろい作家は、はずれがない、そんなことを書いていた。 これは本当だと思う。 以下は、おもしろいと思った作家。最近の作家は知らない。 江戸川乱歩、坂口安吾、山田風太郎、吉行淳之介、野坂昭如、色川武大、寺山修司…

荷風と里見弴が思った作家の条件・・・・・

『日本幻想文学事典』。ここには幻想文学を書いた作家の名前がずらりと並び、簡単な紹介が記してある。 みんな優秀な大学を出られて、家も裕福で、親が医師だったり、学者だったり。幻想文学の礎を築いた作家達は、頭脳優秀かつお金持ちの人達だった。 当然…

川端康成〜魂はあの世に生前から逝っていた!?〜

川端康成は幻想文学。 少女を瞳に入れたい、あるいは、少女の瞳に入って泳ぎたい・・・とか。 また、眠っている少女に触れカラダを合わせる話しとか。 なんでこんな変態なことを執拗に書く人が文学者なのか? それもノーベル賞まで取って。 川端康成は傍観者…

作家〜やぶにらみ解説〜

『ライ麦畑で捕まえて』(J・D・サリンジャー)が、家に外から見えん塀を作り、人とは一切合わなかった。 そんな逸話を読んだ。 作家らしいなと思った。 これは、なんでそうなるのか。 作家は、人間を理解してるから、この世に付き合う人間はいないと悟った…

川上宗薫(1924年4月23日 - 1985年10月13日)

川上宗薫(1924年4月23日 - 1985年10月13日)。61歳没。 この人はポルノ作家で有名な方。子供も向けのジュニア小説を読んだ記憶が。ポルノも一回くらいは読んだかな。 山田風太郎の『日本臨終図巻』での逸話で、癌の末期、病院に女性を呼んでベッドでセック…

坂口安吾の写真〜文士が書きまくる姿〜憧れます〜

これは有名な坂口安吾の写真だ。 教科書でも見たし、いろんな媒体で見た。 こんな姿には憧れます。 毎日、文章を書きまくる姿。 現在なら、パソコンでキーボードを打つ姿かな。 作家で現在も肉筆はいるのかな? 私も肉筆→ワープロ→Macと変遷しました。 肉筆…

あの人は作家になれたのか?

過去を回想したい。 あの白髪頭のライターさんは、作家になれたのか? 白髪さんは、ほぼ私と同じ年齢。 原稿読んでも、おもしろくなかった。 読める文章は書いてるんだが、伝わってくるモノがなかった。 ただ、だらだら書いてるだけ・・・。 そんな感じだっ…

精神が病んでいる人のほうが、文章を書くことに適している!?〜作家の自殺〜

文章を書くことは、いろんなことを、記号化、言語化、文章化することだ。 「あまりにも意識することは病気である」(『地下室の手記』ドストエフスキー) なので、文章を書く行為は「病気」ということだ。 精神が病んでいる人のほうが、文章を書くことに適し…

山田風太郎が見た日本 未公開日記が語る戦後60年 (2005年)

www.youtube.com

そこの、君、お姉さん・・・・・作家かライターで生活できるかもしれない・・・・!?

現実にうまく適応できない人。 生きづらく、集団行動は苦手だ。 文章を書くことで、心の安定を保つと感じる人。 ほっといていたら、毎日文章を書いていた。 気づいたら、出版社の編集者になっていた。 自称ライターの名刺を作り、作品(原稿)を持ち込みで、…

坂口安吾の「文章読本」(文章論)発見!?

作家が書く「文章」についての件は、目を通してきたつもりだが。 坂口安吾も書いていた。知らなかった。 古本屋で、『日本論』(河出文庫)を手に取ってみたら、記述があった。 Ⅰ 《日本語について》で書いてある。 ・文章その他 ・意欲的創作文章の形式と方…

澁澤龍彦

www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com

安部公房 ・渡邊格 対談完全版

www.youtube.com

米原万里 : (あの人に会いたい)

www.dailymotion.com

寺山修司さん・黒柳徹子さん

www.youtube.com

寺山修司

www.dailymotion.com

色川武大「あの人に会いたい」〜大きな幹線道路をいくようなコースでは競争したってしょうがない〜

www.dailymotion.com www.youtube.com 参照: d.hatena.ne.jp

坂口安吾の有名な写真

これは、坂口安吾の有名な写真だ。 悟りを開くために、睡眠時間を短くし、文筆活動にいそしんだと、伝聞で聞いている。 ヒロポンなどの利用。 安吾は『堕落論』などが有名だ。

三島由紀夫 - 松本清張事件にせまる

www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com

松本清張・孤高の国民作家 第1回

www.youtube.com

安部公房の人生

www.youtube.com

川端康成氏を囲んで 三島由紀夫 伊藤整

www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com