俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

中卒

ご近所の嫉妬に悩んだ父

私の父は中卒で丁稚奉公みたいな修行をしていたらしい。 奉公先の主から、 「これでも、少しは役に立つだろう〜!」 年末に、年始と書いてあるタオルを、投げつけられたらしい。 温厚な父も、カチンときたらしい。 「いくら貧乏でも、あれは酷かった。貧乏人…