俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ライター

『書いて稼ぐ技術』(永江朗)〜コレを読んでもライターにはなれません!?〜

『書いて稼ぐ技術』(永江朗)。 アマゾンの1円本で買った。 何が書いてあるからか、興味があったからだ。 フリーで文章を書いてる人は、ほとんど役に立たない本だ。 ・名刺を作って、出版社に営業しましょう。 ・原稿料を事前に編集者に聴いておくべきだ。 …

今日から君はライターになれる!〜文章を書くのに適してる性格〜

寝ぼけたことを書いてる。 世間ではそう思ってるかもしれない。 私の実家は余り裕福でないが、どうも大切に育てられたらしく。 「ボンボン気質」になってしまった。 いうなれば、おぼっちゃま君の「貧ぼっちゃま」なのだ。 閑話休題。 文章を書くのに適して…