俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

スノッブ

「・・・私は◯◯◯に会った」〜スノッブは叫ぶ!?〜

近くにおでん屋ができました。 私も行ってきました。 オッサンがいないな、若者が多い。 ここは若者向けのおでん屋なのだ。 隣のカップルの話が聞こえてきた。 「・・・私は◯◯◯に会った」(但し、小さいときにエレベーターで) 「・・・・私は◯◯◯を知ってい…