俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ショーペンハウエル

ショーペンハウエルの記憶

ショーペンハウエル。 この人の本は読んだし、集めた。 文庫でも新潮社、岩波で重版を重ね今だ売れている。 白水社で全巻集とかも出てたはずだ。 私も文庫と白水社の単行本一冊は未だ持っている。 彼は厭世主義の哲学者ということになっている。学問的には。…

思想(考え方、モノの見方)は洗脳なのか、それとも自ら選択したモノか、よくわからない!?

思想の影響は洗脳か、それとも自分で選択して心地よいから好きになるのか? 私が比較的何回も読んだのは、ショーペンハウエルと荘子かな。 私が浮世離れして、俗人とか口走るのも、この二つの影響かもしれない。 それで我が国は法治主義だから厳守しろとか、…