俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

きちがい

「きちがいは政治家と役人だ」・・・・

www.youtube.com「きちがいは政治家と役人だ」1:00〜 昔も今も変わらんな。正論だな。

校正とリストカット

校正の派遣社員をしていたときに見たカップル。 私は派遣会社に登録して校正の仕事をしていた。 某印刷会社で官報の校正の仕事だった。 隣に、そのカップルがいた。 カワイイ彼女といっしょに、校正の仕事か。なかなかやるな、この男。 美人だと思った。 が…

「きちがい」が具体的に描かれたドラマのワンシーン〜1968〜

aroha7.hateblo.jp1968年では、いわゆる「きちがい」が具体的に表現されてもよかった。 昔の方がよかった。 作り物の表現に規制が入るのは、よくないと思う。

気ちがい家族〜まざあ・ぐうす 北原白秋訳〜

気ちがい家族 気ちがいの御亭主に、 気ちがいのおかみさん、 気ちがい小路(こうじ)に住んで、 三つ児をうんで、 どの児もどの児も気がちごた。 お父さんが気ちがい、 お母さんが気ちがい、 みんな子供が気ちがい。 気ちがいうまにのって、 いっしょくたに…