俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『B級売文業の渡世術』

「〜フリーランスで働く人は、私は天才だというプライドを持った人が多い〜」

『B級売文業の渡世術』(菅野国春)。 この本を読んでいたら、なるほどと、うなずけることが書いてあった。 「〜フリーランスで働く人は、私は天才だというプライドを持った人が多い〜」(要旨)。 自分の才能で喰ってゆく人は、それくらいの自惚れがないと…