俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『地下室の手記』

『地下室の手記』の主人公

ひっかかりのある文章を書かないと、記憶に残らない。 毒のある言葉、棘のある文章、ゴツゴツした文章。 不平不満は毒がある。でも、心の底から思っているんなら、書いてもいいのではないか。 私は意識的に、棘のある言葉を述べ、毒舌を吐き、みんなから嫌わ…