俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『分裂病の少女の手記』

『分裂病の少女の手記』(マルグリート・セシュエー)

『分裂病の少女の手記』(マルグリート・セシュエー) この本は大学の時に読んで、白昼夢でも見てるような、目眩を感じた。 これは立派な幻想文学だ。 また読みたい。