俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

2018-01-10から1日間の記事一覧

精神病というのは「薬漬け」され、おかしくなってるんだ〜医師と製薬会社が結託して「精神病」を作っている〜

去年の今頃、精神病院閉鎖病棟に入院していた。 うつ病ということで、実は高血圧のコントロールがうまくいかないで、それが心臓に来ていたワケなんだが。 精神病院閉鎖病棟には、当然見たことない人ばかりいた。 「ほぅほっほほほ」と意味不明に笑う品のよさ…

川端康成も室生犀星も「少女」に並々ならぬ愛情がある〜変態はどっちかな!?〜

昨日は、室生犀星、吉屋信子、小川未明の怪談を読んでいました。 どれもおもしろかった。 「冬雁」(吉屋信子)、「老婆」(小川未明)、「童話」(室生犀星)。 老婆や、少女・少年(子供)、めくら(目の見えない人)、変人などをとりいれば、怪談、不気味…