俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

2017-12-27から1日間の記事一覧

18歳のまま老いた人・・・・・

昔、居酒屋でこんな話をしていた。それが聞こえてきた。 「もう、いい年だから、、、、世間がなんでもわかるだろ?」 「全然、、、、、18歳から全然成長していない」 「なんだよ、それ!」 「実は俺もだ・・・」 みんなで、大笑い。 その時、その先輩達は60…

桂文枝は「女遊び」ばかりしてきたんかな?

www.dailyshincho.jp headlines.yahoo.co.jp 落語家・桂文枝(74)が昨年に続き、またも不倫疑惑を報じられた。年末も押し迫ったなか、重鎮の醜聞に、所属の吉本興業は大混乱に陥った。 27日発売の「週刊新潮」によると、相手は日本舞踊の先生・Aさん(…

「黒い報告書」はおもしろい〜男と女、金という人間の業を煮詰めたような話〜

『週刊新潮』というと「黒い報告書」を、いつも楽しみにしている人多いのかな。 このシリーズは、実際の事件を元にしたフィクション。男と女、金、殺人絡み。セックスシーンが入っているんでポルノといってもいい。よほど、人気があるのか文庫化されている。…

この世は「地獄」なんだ!?〜幸福感のレベルを下げるのが賢明な生き方!?〜

世俗的な価値観だと、この世は幸福になるのが当然。さらに、そうなるためには、よい学校に行き、よい会社、よい結婚、よい人生。これが最高の幸福。 が、このメインストリートを勝ち抜くには、熾烈な競争があり、一部の人だけが勝ち組として、人を羨む幸福を…

好景気なのに本屋さんには「貧困本」が平積みされていた「怪」!?

景気いいはずなのに、本屋さんには「貧困」本がたくさん平積みされていました。 貧困女子、下流〜、貧困シングルマザー、非正規〜とか。 出版社も現在は「貧困」の人がたくさん「存在」すると判断し、このような「貧困」本を出版してるわけで。 政府の発表す…

現在は、高度成長期の「いざなぎ景気」を超える景気なのか?〜低賃金労働者不足で倒産増加!?〜

www.tokyo-np.co.jp抜粋 高度成長期の「いざなぎ景気」を超える長期の景気拡大が確実になる中、人手不足を理由に倒産する企業が急増している。 〜 だが社員の離職や人材を確保できないことが要因で売り上げが減るなどし、経営が破綻する人手不足倒産は増えて…

小説教室、文章力教室に行くと文章力が上達し作家になれるのか?〜文章を書く能力は才能だ!?〜

『公募ガイド』買った。 初めて買った。 小説講座、小説教室の広告が多かった。 この教室なり、講座とかを出て作家になった人はいたのであろうか? 私はいない気がする。 編集者上がりの作家はたくさんいる。 似たようなのに、文章力教室・講座とかもあった…

Roy Buchanan - You're Not Alone

www.youtube.com Roy Buchanan. 自殺してしまった。 その前年?に日本に来て、渋谷の小さなライブハウスで見た。 音が尖っていた。ギターはテレキャスター。 ロイ・ブキャナン - Wikipedia