俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

2017-12-24から1日間の記事一覧

『分裂病の少女の手記』(マルグリート・セシュエー)

『分裂病の少女の手記』(マルグリート・セシュエー) この本は大学の時に読んで、白昼夢でも見てるような、目眩を感じた。 これは立派な幻想文学だ。 また読みたい。

H.P.ラヴクラフトの全集買うかな?

H.P.ラヴクラフト。 彼は怪奇・幻想作家で有名だ。 彼の文庫は何冊か、持っていた。 白昼夢でも見てるような印象だった。 現在所有してない。 文庫で、東京創元社から『ラヴクラフト全集」(全9巻)出ているのは知っている。

なんだ、やればできるじゃないか・・・・〜「出ないんだよ?」〜

急に彼の顔が浮かんだので。 彼とは大学の時の友達だ。 彼は成城学園を出たらしい、小?・中・高(男子校)と。ここはお坊ちゃま、お嬢ちゃん学校だ。系列に成城大学がある。テレビの女子アナとかも、ここの出身者を見かける。 「落ちこぼれた・・」 とかよ…

『オール讀物1月号』と『小説新潮1月号』を買ってきて眺めた・・・

本屋さんに行って『オール讀物1月号』と『小説新潮』を買ってきました。 読み切りが多いので。 ペラペラと眺める。 赤川次郎は文章がうまい。さすがだ。大作家。 私みたいな暗愚な脳みその頭の中にもスラスラ入る。わかる。 赤川次郎が全作家の中でも一番本…

従姉妹の女の子の思い出・・・・

年越しになるとなぜか親戚の家で年を越した。 そして、従姉妹の女の子のことを想い出す。 金子光晴の随筆に書いてあった文章を想い出す。 「子供の頃は女の子と裸で抱き合って戯れていた」(要旨) 私も女の子と抱き合っていた。といっても、従姉妹の女の子…

私の先祖は何をやっていたのだろうかと? 

『黒い報告書 エロチカ』(新潮文庫)、『小説家・ライターになれる人、なれない人』(スーザン・ショフネシー)をペラペラながめながら。 ふと、私の先祖は何をやっていたのだろうかと? 浮かんできた・・・・。 父の先祖はよくわからない。 が、先祖は資産…

会社の事務職ってどんな仕事しているのだろうか?〜全然わからん??〜

友達の編集者は年末進行で忙しく、電話でも相手にしてくれない。 私は出版社の編集者の仕事は理解できるが、他の職種の人達が、どんなお仕事をしているか、皆目見当がつかん。 原稿書いて生計立ててる人達も、どんなことをやって、何を考えているか、大体わ…

松本人志こそ日本人の代表者みたいな人物〜「長い物には巻かれよ」主義の体現者!?〜

headlines.yahoo.co.jp↑ [抜粋] 茂木氏は今年3月に「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。 さらに今月17日には「時の首相と食事をしてよろこんでいるようなお笑い芸人や、コメンテーターは…

weird owl - White hidden fire〜反復されるリフにけだるいヴォーカル〜

www.youtube.comYouTubeで見つけました。 ジャンルはサイケデリックなのかな。 反復されるリフにけだるいヴォーカル、気に入りました。