俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

2017-12-23から1日間の記事一覧

私はつくづく厄介なことが嫌いな人間だ

私はつくづく厄介なことが嫌いな人間だ。 資料として、男女の色恋でドロドロしたモノを見るとウンザリする。 「LINE」を毎日くれないと嫌だという女の話とか読んだ。 あんなもん私はヤラン。人間のパーソナルのスーペスに急接近してきて、逃げたくなる。だか…

日本人の行動原理は「長い物には巻かれよ」主義〜「忖度」の淵源〜

私が働いて実際に見た人間は、ほとんどが「長い物には巻かれよ」主義者だな。 今年、流行った「忖度」の淵源がコレ。 実力あるモノの顔を伺い行動。 人知主義なんだ。 そう決して「法治主義」でないことは断言できる。 相撲協会の「行動」見ていても、わかる…

「なんでそんなにおもしろいんだ?」

心に突き刺さった言葉。 これも出版社での出来事。 女性DTPオペレーターが、私に放った言葉。 彼女とは仕事以外、話した記憶がない。 ある日、彼女が私に向かいボソリと言い放った。 「なんでそんなにおもしろいんだ?」 サッパリ、わからん。 確かに仕事を…

「なんで貧乏なんだ〜? なんで貧乏なんだ〜? なんで貧乏なんだ〜〜!」

心に突き刺さった言葉。 これまた、出版社での出来事。 私の隣には女性の編集者がいた。年齢は私より下。だが、この出版社では先輩。 何があったのか、いきさつがわからない。 嫉妬深い女性なのかもしれない。女性は専門学校卒。 「英語ができるだけだろ、大…

お前は頭が小さいのだ、そう、人より脳が小さい!

心に突き刺さった言葉。 いろんな意味で、心に突き刺さった言葉を書いてゆきたいと思う。 私が出版社の編集者の仕事を始めて就いて、右も左も分からない時に、確かにミスをした。 校正するので、版下をコピーしてそれに校正しなければならなかった。 初めて…

ご近所の嫉妬に悩んだ父

私の父は中卒で丁稚奉公みたいな修行をしていたらしい。 奉公先の主から、 「これでも、少しは役に立つだろう〜!」 年末に、年始と書いてあるタオルを、投げつけられたらしい。 温厚な父も、カチンときたらしい。 「いくら貧乏でも、あれは酷かった。貧乏人…

日本は北朝鮮の金正恩王朝?を馬鹿にできん。

今日は天皇誕生日か。 四条京阪のあたりを右翼の街宣車がいた。 「天皇〜〜!〜〜」なんとか、轟音で。 私が以前いた出版社は、自由だったな。 昭和天皇がなくなる直前の話だが。 昭和天皇がなくなる前に「血圧表示されたり、下血あったか」と逐一、テレビ画…

川畑さんは声が出ないな?〜病気なのかな?〜 

たった今、「祇園花月」に「よしもと新喜劇」を見に行ってきました。 座長は川畑さんでした。 川畑さんは声が出ないな? 以前見たときも声が出ない。かすれた声。 これじゃまずいな。 チャーリー浜さんのほうが、声がとおる。 座長川畑さんの「よしもと新喜…

世間知らずのマザコン男の初夜

世間知らずの男が結婚しました。 わからなくなると、ママに尋ねます。 その男が結婚し初夜を迎えました。 当然童貞でした。 セックスのやり方を知りません。 いつものようにママに。電話してしまいました。 「ママ、、、セックスはどうするの?」 「オシッコ…

独特な価値観!?〜お金持ちになりもてた男の話〜

ある男がいました。女性にもてません。悩みました。 なぜならば、チビで文無しで不細工でした。 コレでは持てないワケがわかりました。 男は占い師に相談に行きました。 「どうしたら女にもてるのでしょうか?」 占い師は一言。 「お金持ちになりなさい!」 …

男が考えた共通の話題?〜どんな体位が好きなの!?〜

コミュニケーションを円滑するためには? 共通の話題だなと、男は考えました どんなに人にもあるモノが食欲と性欲。 平たく言えば、食べることとやることだ。コレを話題に女性に話しかけよう。 女性に話しかけました。 「何が好きなの、食べ物?」 これはま…