俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

2017-07-08から1日間の記事一覧

追憶・・・・・

追憶・・・・・ 暑い夏 草の匂い 川遊び 夏休み

・・・今日から・・・美的生活・・・・はじまります・・・

毎日、きれいなものが見たい。 美しいもの。 心がときめくものが。。。 心が和むもの。。。 ・・・今日から・・・美的生活・・・・はじまります・・・

歩いて、心の中から、様々な心象風景が浮かんでくる・・・・・・・・・・・そんな、場所を探しています・・・・・・・

歩いて、心の中から、様々な心象風景が浮かんでくる、、、、。 そこは、よい場所だな。 ・・・・・そんな、場所を探しています・・・・・・・

「詩的才能」が現れた!?〜見出しや、中見出し、タイトルつけの仕事〜

詩的才能ありと、占い師から言われた。 が、詩人でない。 編集で、見出しや、中見出し、タイトルつけるのが、メインの仕事をやっていたので、 それが「詩的才能」だったのか・・・・。 過去を振り返る。

本を集めるのが好きな「収集家」は「本を読んでる」≒「読書家」とはいえないな・・・・・・

本の収集家だと、最近気がついた。 手に入る。書棚に飾る、満足・・・・。 「おぅ。。。これは読みたい! 買いたい!!」 「買った・・・・(満足)」 ・・・・・・読んでないではないか?・・・・・・

ショーペンハウアー『随感録』を買った!〜「女について」が読みたいから〜

ショーペンハウアー。 彼は、私にとって、箴言家であり、随筆家でもあり、真理を語った人だ。 この本は以前持っていたが、どこかに行ってしまい・・・・。 久しぶりの出会いになる。