俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

2016-05-12から1日間の記事一覧

絶望を与えるブッダの言葉

『超訳ブッダの言葉』を読んで。ここに記されていることは、真理かもしれない。が、絶望しか、、、浮かんで来ない。今起きている現実は、夢かもしれない、、、。胡蝶の話は、、、『荘子』。快楽を求めるモノは大馬鹿者。苦痛を避ける生き方が、賢者。なぜな…

不毛な人間関係2

やはり、いい環境で人間は育たないとダメだな。私の子供時代は、山に囲まれて川があり、空間が広かった。ノンビリと育った。それが反映してか、今も、コセコセ、セカセカと無縁で生き続けている。コセコセ、セカセカ、、、このような緊張が生じるものには、…

不毛な人間関係1

私の蔵書は、宅配便の箱で44個ありました。よんどころない事情で、整理する事になりました。服とかは簡単に捨てられるのだが、本だけは捨てられない。ほとんどが、足で歩いて古本屋、Amazonで古書として買ったものだ。本に囲まれているだけで、笑顔になる。…

「どんな人間にも、必ず居場所がある」

吉行淳之介のエッセイを読んでいて、「どんな人間にも、必ず居場所がある」、そのような文章が目にとまり、いたく感動した。俺みたいなダメ人間にも、「居場所が用意してある」。それを信じて、出版社の編集者になった。たしかに、編集は面白い。編集をやっ…

なんでこんな、くだらん事に、言いがかりをつけてくるんだ?

人間が苦手だ。しかし、否応なく、生きているから人間と会う。なんでこんな、くだらん事に、言いがかりをつけてくるんだ?具体的な事は書かないが。こういう人間の心というか、精神構造は理解不能⁉︎が、自分なりに回答を出せば、『おもしろくない!』→『その…

京都市について、、、

京都市に数年住んでるが、息苦しいところだ。・狭い盆地に住宅がギッシリ。・排他的。観光客には寛容だが、住んで京都市民として生活をすると、よくわかる。・プライド、特権意識が強い。京の都の歴史からくるのか?※関東、東北の人と、京都の人間は相性は良…

自己完結の仕事⁉︎

他人のことで、アレコレと悩むのは大嫌いな人間だ。他人のことを考えるくらいなら、もっと面白いことはたくさんある。、、、、そういう考えだから、会社勤めは向かないのだろう。、、、、、集団、組織には、、、近づかない。、、、、、独りで答えを出せる仕…

私の欠如しているもの・・・嫉妬心

自分でいうのも変であるが、欠如しているものが、かなりあると思う。わかったのは、嫉妬心がない。辞書で調べる。しっと【嫉妬】(名)スル①人の愛情が他に向けられるのを憎むこと。また、その気持ち。特に、男女間の感情についていう。やきもち。悋気。「━…