読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ちゃんぷるぅブログ☆

情報収集+α/緊張と弛緩/落書き・・・/遊ぶ部屋/予備/エマージェンシーブログ(仮)

、、、、後悔しない生き方をしたいね、、、

深沢七郎という作家も、「生活を豊かにしないで、できるだけ下げる」、そんなことを、文章で書いていた。

欲望を拡大していったら、際限がない。
鴨長明の「方丈記」も、シンプルな生活を目指し、隠棲を記した。
憂き世のあわただしい生活に追われ、物欲にまみれ、、、、俯瞰して人生を、アレコレ考えられないのは、悲劇だ。
、、、、、何のために生きているのか?
、、、、今際の際に、、、何を思い、感じて、、、あの世に旅立つのだろうか?
 

やまかみしょうこ


曇り空を見ながら交通情報(やまかみしょうこ)


天気予報(中村薫)道路交通情報(やまかみしょうこ)

京都に来た時に、KBS京都で、「やまかみしょうこ」さんの声を聴いて、おもしろい声だなぁ、、、と思いました。

もう、だいぶ前に辞めたようです。残念。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ゆるい生き方、、、実践していたw

『ゆるい生き方』(本田直之)。

コレ読んで、、、すでに実践しているのに気づきました。
・感情は感染する。・・・・同意。セカセカ、イライラ、緊張感を持ってる人には、近づかない。
いかに、自分の感覚&リズムで生きられるか?  これを、いつも心がけていました。
自分のペース=いかに「ノンビリ」と、楽に生きるか。自分の力の60%くらいで、生きるかと。
が、緊急事態になると、90%出しますが。
毎日が、90%だと、持たない。私の場合は。
メインストリートは混むんです。裏道を歩むのです。スイスイと進める。
メインストリームでなくていい。

羨望というのは 、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ 。(ラ ・ロシュフコ ー)

【嫉妬には 、正当で当然な面もある 。というのは 、それは 、われわれが所有している幸福 、もしくは 、所有しているように思いこんでいる幸福を守ろうとするだけのことだから 。ところが 、羨望というのは 、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ 。(ラ ・ロシュフコ ー)】

 
◎私には《羨望》という、、、感情があっただろうか?
「他人の幸福が我慢できない怒り」。
ない。他人≠自分という考えが、完全に心身に行きわたっているから。
荘子』を心酔している。「混沌」の話。
嫉妬、羨望というものは、生まれ育った環境、いや、もっと遺伝から生じるのか、よくわからない。
他人には、たぶんあまり、興味ないからだと思う。
他人のことで、アレコレ悩んでる暇があったら、自分の興味のあることを、やったほうが、マシである。
が、こっちが何とも思ってもなくても、最低限のルール違反=法律違反(民事・刑事etc)をしてきたら、闘ってきた過去なのだ。
憂き世は辛いね。
全員、そんな人間ばかりでないのが、救い。
◎「他人の幸福が我慢できない怒り」?  私には理解不能だね。
※集団、組織で生き続ける人は、嫉妬、羨望が必要なのかもしれない。
※これらの、マイナスの想念があったならば、集団、組織で生きられたかもしれないな。
※集団、組織で、他人の事を全然気にしないのだから、私が会社勤めが無理な原因だね〜。

労働基準監督署に「告発」したことあったな・・・・

そういえば、昔働いていた時に、労働基準監督署に署名集めて、告発したことを思い出しました。

その会社は、就業規則なし、当然、有給休暇とらせない、残業代払わない、いわゆるブラック企業でした。
大学で少し法律を学んでいたので、余計矛盾を感じました!
書面を作成し、社員の署名を集め、私が労働基準監督署に「告発」。
結局、就業規則作らせ、有給休暇も可能、残業代も支払わせることに、成功。
今から思うと、かなり無謀なことをやったな。
基準監督官曰く「労働基準監督署は労働者のためにあるのではない!」。
そんなことを言われました。
知り合いの、労働運動並びに組合活動に詳しい知人に、そのことを話すと「なんていう名前の、労働基準監督署の職員だ!」。
・・・・・・・長いので・・・省略。。。
昔より、労働環境が悪化しているんだなと、ブロガー諸氏の文面から、伺えました・・・

労働基準監督署 告発の仕方 - Google 検索

・・・・・心象風景が浮かんでくる、ドーパミンでも出てるのか知らない・・・・

一日も早く、自分の生活を、「文章の呼吸&リズム」に戻す。
これは、精神面のリハビリ、メインテナンスを意味する。
他人がこれを読んでも、意味不明、荒唐無稽な戯言に思えるかもしれない。
文章に接するとは、文章を読むことであり、書くことである。
文章に接していれさえすれば、満足。
映画はほとんど見ないし、興味ない。テレビも同じ。
文章を読んで、心象風景が浮かんで来るのが、心地よいと思うからだ。
音楽は好きだ。やはり、イメージが浮かんで来るのを楽しんでいる。
映画を見てる時間があったら、一冊でも本を読んだほうが、ましだと思っている。
・・・・・心象風景が浮かんでくる、ドーパミンでも出てるのか知らない・・・・

私のブログなので好き勝手に書く

私は《自分の感覚&リズム》を大切にする人間だ。
他人から見れば、「浮世離れ」している人間に映るらしい。
でも、ここまで生き続けているのだから、この「生き方」は、あっているのだろう。
私の嫌いなモノ、集団、組織、人工的なモノ、不自然なモノ、、、etc。
そういうモノには、近づかない。
ここは、私のブログなので好き勝手に書く。
広告も邪魔だから入れない。