☆ちゃんぷるぅブログ☆

・・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・とりとめもなく・・

「てにをは」って、何?

今更聞けない?「てにをは」ってなあに? | こぶたの鉛筆 - ライターのための情報メディア

今更聞けない?「てにをは」ってなあに?

ライターを目指している方なら、どこかで一度は「てにをは(てにお は)」という言葉を目にした事があるのではないでしょうか。「文章を書く時は『てにをは』が大事!」「『てにをは』一つで意味が変わる」などとよく言われ ます。ところで、この「てにおは(てにをは)」って何?と改めて聞かれると明確に答えられない方も多いかもしれません。
そこで今回は、今更聞けない「てにをは」の意味と、その使い分けについてお伝えしたいと思います。

そもそも「てにおは」とは

「てにをは」とは、もともとは漢文を読む際に漢字の四隅にふられた「ヲコト点」に由来しています。ヲコト点を左下から右回りに読むと「てにをは」となる事から名付けられたと言われています。
現在では助詞の使い方が不適切であったり、話のつじつまが合わない事の比喩として「てにをはが合わない」などと使われる事もあります。

「てにをは」は日本語特有のもの

外国の方に「日本語は難しい」と言われる理由の一つに「てにおは」の使い分けがあげられます。
たとえば英語の場合、そもそも「てにをは」にあたる「格助詞」がありません。be動詞がそれに近いような気もしますが、主語が「I」ならいつでも「am」 で、文脈によって変わる事はありませんよね。余談ですが、英語の場合は「前置詞」が「てにをは」的な役割をになっていると言えます。逆に日本人が英語を訳 す時に難しさを感じるのはこのあたりにも原因かもしれません。
さて、日本人であれば自然に使い分けているこの「てにをは」ですが、きちんと使えているのかと聞かれると自信の無い方も多いかもしれません。なぜなら、英 語の前置詞などと違い、「てにをは」を適当に使っていても文章の意味自体が通じないという事はほとんど無いからです。だからこそ「てにをは」をきちんと使 えるかどうかが、ライターとしての資質に大きく関わるとも言えます。

「てにをは」一つで意味が変わる?

「てにをは」一つで意味が変わる?

良い文章、分かりやすい文章を書く為に「てにをは」の使い方が大切だと言われるのは、それ一つで伝わる意味やニュアンスが変わってしまう場合がある為です。
いくつか例をあげて見てみましょう。

(例1)
・父に頼る
・父を頼る

どちらも「頼る」という行動と相手は同じですが、上の「に」の表現の方がより直接的で近い雰囲気を感じます。
反面、下の「を」を使うと、距離的または心理的に少し遠いようなイメージが出ますね。昔のアニメ「母をたずねて三千里」は、まさに遠距離感が出ている代表と言えます。

(例2)
・紅茶でいいです
・紅茶がいいです

飲み物を聞かれたとき、上記のどちらで受け答えをするかで聞き手の印象は変わります。
上の「紅茶『で』いいです」の場合は、なんとなく投げやりというか本意ではないような感じを受けてしまいます。
逆に下の「が」を用いると「私はまさに紅茶が飲みたかったんです!」という気持ちが伝わりますよね。飲み物を聞かれた際は、「が」で答えるようにするとより良い関係が築けるかもしれません。

(例3)
・オムライスは美味しいね
・オムライスが美味しいね

たとえば誰かが作ってくれた食事をいただく時、「オムライスは美味しい」と言うと、単にオムライスが好きなのかなという印象を受けます。最悪の場合「私の用意した他の料理は口に合わなかったのかしら」と思われる可能性もありそうです。
では「オムライスが美味しいね」の場合はどうでしょう。他の料理もおいしいけれど、特にオムライスが美味しいという感じがしませんか。
このように、たった一文字の「てにをは」には文章全体の印象を左右してしまうパワーがあります。こう言うとなんだか大層だなと尻込みしてしまいそうです が、逆に言えばそれひとつで相手に与える印象を変える事ができるとも言えます。「伝える」事を仕事とするライターにとってはぜひマスターしておきたいとこ ろです。

「てにをは」マスターになるには?

では、どうすれば「てにをは」の使い方を極めて、分かりやすく伝わる文章を書けるようになるのでしょうか。その為には、まず良質な文章をたくさん読 む「インプット」が不可欠です。今の時代、ネットで手軽にたくさんの情報が存在するため、たくさんの文章を目にする事ができる反面、その質も玉石混淆なの が実際です。「読みやすい・理解しやすい」と思う記事は、おそらく「てにをは」の使い方を含め、構成や分量も適切である確率が高いです。そういった良質な 文章を読んだ上で、次は実際に自分で文章を書く「アウトプット」を数多く行いましょう。自身のブログがあれば格好の練習になりますし、せっかくなのでクラ ウドソーシングのWebライティングを利用すれば、報酬ももらえて一石二鳥です。
ぜひたくさんの文章を書いて、魅力的な文章を書ける「てにをは」マスターになれば、Webライターとしての自信も信頼度もぐんと高まりますので、ぜひ頑張ってくださいね。

こぶたのまとめ

  • 「てにをは」とは、漢文を日本語に読み下す為の「ヲコト点」から派生したもの、助詞などの総称。
  • 「てにをは」は日本語特有のものである
  • 「てにをは」一つで文章の意味が変わるので、使い方には配慮が必要。

たくさんの文章を読み、少しでも多くの文章を書いて「てにをは」マスターを目指しましょう!

 

よい文章が書ける人?〜味覚がある人!?〜よい料理人になるためには味覚があること、文章でも同様〜

たくさん本を読んでいる人は、いるが、必ずしもよい書き手になるわけでない。

文章を書くことも、遺伝。そういう記事を新書で読んだ。

そうかもしれない。

文章を書く力≒表現力≒読める文章≒プロになれる≒お金を取れる・・・・遺伝する。

私は、出版社にいて編集やったり、ライターでお金を稼いでいた。

編集者を志し、消えていった人を見た。

ライターを志し、消えていった人を見た。

彼はなぜ、ライターを志しても、消えていったのか? ふと思った。彼の文章は、何を書いてるか、わからなかった。

文章の最低限の要素が消えていた。

・読みやすい(リズムがいい)

・わかりやすい(読むと同時に、頭の中にスラスラと入る)

・文章がうまくつながっている(てにをはがあっている)

たったこれだけ。

それなのに、この最低限のラインがない文章が多い。現在は誰でも「ブログ」を書いてるから、とくにわかりやすい。

この「文章の最低限の条件」に、書き手独自の視点が入ると、生きた文章になる。

が、このことに気づかないのか? そういう文章があまりない。

気づかないというのは、文章を書くセンスがないのだと思う。

文章を味覚と同様にとらえる人が多い。味覚がないのだ。味覚がなければ、いい文章は書けない。

文章の書き手≒料理人といっても、いいのかもしれない。

よい料理人になるためには、味覚がなければならない。

文章が強力に、力を発揮するとき〜自分の言葉で単純に表現する〜

文章が強力に、力を発揮するとき。

それは、自分の言葉で思ったり、感じたり、考えたりしたことを、単純に表現したときだ。

さらに、個性的な考え方や、見方を表現しているときに、他を凌駕する。

荘子に関する参考図書

荘子に関する参考図書

荘子』の参考図書

1. 前田利鎌『臨済荘子岩波文庫、1932年(1990年)
2. 福永光司荘子』内篇約解(中国古典選)朝日新聞社、1956年
3. 木村英一『老子の新研究』創文社:1959年
4. 小川環樹 中国詩人選集二集『蘇軾 下』岩波書店、1962年
 5. 金谷治論語岩波文庫、1963年
6. 福永光司荘子中公新書、1964年
7. 諸橋轍次荘子物語』大法輪閣、1964年
8. 大濱晧(皓)『荘子の哲学』勁草書房、1966年
9. 福永光司荘子』内篇・外篇(中国古典選);朝日新聞社、1966年
10. 市川安司遠藤哲夫荘子明治書院、1967年
11. 福永光司荘子』外篇・雑篇(中国古典選)朝日新聞社、1967年
12. 小川環樹・森三樹三郎『老子荘子中央公論社、1968年
13.湯川秀樹:著作集/東洋の思想、1970年
14. 金谷治荘子岩波文庫、1971年
15. 森三樹三郎『荘子』内・外・雑篇;中央文庫 中央公論社、1974年
16. 福永光司荘子』(文庫版)朝日新聞社、1978年
17. 森三樹三郎『人類の知的遺産5巻 老子荘子講談社、1978年
18. 福永光司道教と日本文化』人文書院、1982年
19.澤田多喜男『荘子のこころ』有斐閣新書、1983年(2011.08入手)
20. 月洞譲『老荘思想入門』PHP研究所、1983年
21. 池田知久 『荘子上』学習研究社、1983年(2011.09追加)
22. 桑原武夫井上健・小沼通二編『湯川秀樹日本放送協会1984
23. 中嶋隆蔵『荘子集英社1984
24. 池田知久 『荘子下』学習研究社、1986年(2011.08入手)
25. 蜂谷邦夫『老荘を読む』講談社現代新書、1987年
26. 金谷治老子講談社、1988年(1997年)
27. 神田秀夫『荘子の蘇生』明治書院、1988年
28. 諸橋轍次荘子物語』講談社学術文庫、1988年
29. 白川静孔子伝』中公文庫、1991年
30. 岸陽子『荘子徳間書店、1996年
31. 野末陳平・和田武司『マンガ老荘の思想』講談社文庫、1994年
32. 池田知久『老荘思想日本放送出版協会、2000年(2011.08入手)
33. 森三樹三郎『荘子』中公クラシックス、2001年
34. 白川静の世界:平凡社(別冊 太陽)、2001年
35. 蜂谷邦夫『荘子=超俗の境へ』講談社選書メチエ、2002年
36. 加島祥造荘子 ヒア・ナウ』パルコ出版、2006年
37. 中島隆博荘子岩波書店、2009年
38. 蜂屋邦夫『「老子荘子」をよむ』日本放送出版協会、2010年
39. 福永光司:『荘子 内篇』(文庫版)講談社、2011年

 

「ブログ」のほんとんどは素人の文章〜何を書いてるか、わらない文章は、読まないこと!?〜

「ブログ」があふれ、たくさんの素人文章を見ることができる。

当然、プロの文章は少ない。みんな原稿を書き、編集の経験がある。そんな人のほうが、マレだ。

私の文章は、これでもプロの文章なのだw

何を書いてるか、わらない文章は、読まないことだ。

これにつきる。

よい文章とは?〜文章は誰でも書けるが、プロの文章になるとすくない!?〜

文章について。

・読みやすい。

・わかりやすい。

・読むと同時に、すらすらと頭の中に入ってくる。

・てにをはがあっている。(文章の連続性)

※最低限、以上のことが備わっている。これが、よい文章。

※このような文章が書ければ、お金が取れる文章。(≒プロの文章)

※『週刊新潮』などは、当然以上の文章が記されており。週刊誌の中では、一番よい文章だと思う。